失敗しない家づくりは正しい知識が必須!?注文住宅のポイントを分かりやすくご紹介

このサイトでは失敗しない家づくりを行うために、注文住宅に関する知識やポイントを分かりやすくご紹介しています。
憧れのマイホームを無事に完成させて、引き渡し後に安心して生活を送るために失敗だけは避けたいもの。
何も知識を持たない状態で全てお任せするのは、手ぶらで戦に行くようなものだと言えるかもしれません。
建築会社に依頼する前に最低限知っておきたい情報を、初心者の方にも理解していただけるような内容でお届けします。

失敗しない家づくりは正しい知識が必須!?注文住宅のポイントを分かりやすくご紹介

家づくりを失敗しないためには、依頼先選びが重要となります。
依頼先選びを間違えてしまうと、施行中や完成後の満足度に期待できないことが考えられます。
注文住宅はハウスメーカーや工務店に依頼して施工されていますが、それぞれに特徴や違いがあります。
家づくりの特徴を知ることで、自分の希望を実現できるのか向き不向きが見えてくることも。
注文住宅は会社によって個性があるため、自分の希望と照らし合わせて選ぶことがポイントです。

注文住宅で知っておきたい工法や構造の特徴

注文住宅な設計の自由度が高いですが、ハウスメーカーや設計事務所によって得意とする工法や構造があります。
依頼先を決める前に、構造を決めるのがいいと言われていますから、各構造の特徴を把握しておきましょう。
まず日本で最も多い木造軸組工法は、主に角材を骨格とするものです。
低コストと増改築のしやすさがメリット、耐震性と耐火性の低さがデメリットです。
しかし耐震性については接合金物や筋交い、耐力壁で向上することが可能です。
鉄骨を骨格とするのが鉄骨造です。
鉄骨の肉厚によって重量鉄骨と軽量鉄骨に分けられます。
耐震性と耐火性が高いですが、木造よりも高コストになります。
熱伝導率が高いため、断熱材を豊富に使わないと断熱性が低くなります。
最後に鉄筋コンクリート造です。
これは事前に鉄筋を組んで型枠を作り、そこにコンクリートを流し込んでできる構造です。
耐震性と耐火性が高く、形を自由に選べる点も魅力です。
おしゃれな注文住宅を求める人には無視できない構造です。
デメリットはコストが高いことと、そのままでは断熱性が低いことです。

注文住宅の依頼先や土地の情報収集は最初にやるべき作業

家を建てたいと考えた場合、何を先に行ったらよいのかわからないことが多いです。
特に注文住宅を検討している場合はその傾向が強く、なかなか前に進めないこともあります。
注文住宅を建てる場合、まず行うのは土地決めと施工する会社の選定です。
土地をすでに持っている場合はその手間を省くことができますが、土地がない場合は土地探しから始めなくてはなりません。
実際に良いと思える場所にたどり着くまでには時間を要することが多く、一回見に行っただけで決定することはほぼないため様々な土地の情報収集を行うことが大切です。
施工する会社の選定も重要となります。
特に工務店に依頼をする場合は健全な経営状況なのか、大工の腕は確かなのかをしっかりと確認することが必要であり、ホームページなどに記載されていたとしても情報収集までには時間がかかります。
施工する会社の選定は家を建てた後のフォローにも関係してくるので慎重に選ばなくてはなりません。

注文住宅の情報収集と同時に進めておきたいのが予算

注文住宅の情報収集と同時に進めておきたいのが予算を決めることです。
どれくらいのお金ならばその注文住宅に出せるのかということで、住宅ローンを組むことにも関係してきます。
これはなかなかに難しい問題で、ただ一つの決まった答えはありませんが、一般的にはローンの返済は年収の30%以内、できれば20%から25%くらいまでにしておくことが理想とされています。
これを超えると返済が厳しいと感じることも多くなるかもしれませんし、ローン返済と併せて食費や被服費とか光熱費などの基本的な生活費の占める部分が多くなってしまい、例えば交際費とか娯楽費などを削らざるを得なくなるかもしれません。
それではいくら立派な家があったとしても人生は楽しくないでしょう。
逆に、自分は住居こそが生きがいであって、思い通りの注文住宅に住めるのであれば、他のことに使うお金は少なくなったとしても気にしないというか我慢できるという人もいるかもしれません。

注文住宅の依頼先は主に工務店とハウスメーカー

注文住宅の相談は、主に2つの業者が考えられます。
それぞれ、工務店とハウスメーカーと呼ばれるものです。
工務店は、注文住宅やリフォームなどと言ったサービスを提供する比較的小規模の店舗です。
例えば、注文住宅の設計や建設を特定の地域で行ってもらいたいと考えている場合には、その地域で経営を行っているこのような小規模店舗に相談するのが一番です。
その土地に造詣の深いサービスを提供してもらえますし、そこでしかわからないような非常に貴重な情報提供を行ってもらえます。
一方で、ハウスメーカーはこういったものとは異なって大きな規模でサービスを提供しています。
全国的に支店を持っていることが多く、それぞれの店舗がマニュアルを準備していますので同じ品質のサポートを多くの顧客が受けられます。
注文住宅の場合も、セミオーダーなど様々な形で方向性を決めやすいプランを提案してくれるので初めての住宅購入時でも十分なサポートから迷うことがありません。

注文住宅の工事請負契約を行うと同時に住宅ローンの本申し込みも進める

注文住宅も決まり、いよいよ施工工事が始まるときになると住宅ローンを心配するものです。
前もってお金のことは計画的であっても、心理的にみれば住宅ローンは重くのしかかってきます。
注文住宅であってもなくてもまずはローン返済が脳裡をかすめます。
だれでも一括で返済することはできませんので、お金の計画は重要なことです。
これに失敗してしまうと、負債をかかえて最悪の場合はローン地獄になります。
家を建てる計画と同時、ローンについても同時並行がいいのです。
そのことで精神的にもひじょうに楽になるのです。
ローンに関しては、今やいろいろな制度がありますから、その制度が自分にあっているかを確認したほうがいいでしょう。
まずはそのための計画を立てていくことです。
計画をきちんと立てることは、自分の行動をしっかり進めていくことが出来るのであって、満足のいく結果を生み出すことができます。
そのためには強い信念を持つことにかぎってきます。

注文住宅の予算を決めるときのポイント

自分だけでなく家族の理想や希望を現実にするために家を建てる方法として、注文住宅は人気のある建設方法の1つです。
予算などは割高になる傾向が高いですが、それでもより理想的な家を手に入れる事が出来ます。
実際に注文住宅を建てる上で予算を考える必要がありますが、予算額を決めるポイントに内訳を把握しておく事が大切です。
全体的な予算の70パーセント程度が、土地や建物代となります。
予算と聞くと全て建物代とイメージされがちですが、様々な支払いが必要となるのでその分も費用も予算として考慮する事が重要です。
建物代の他に付帯工事費があり、門扉の他に塀や車庫など家以外に設置すべき工事にかかる費用も必要です。
その他に諸費用の内訳で契約の際に支払う頭金は現金での支払いが必要であり、引越し費用などの支払いも発生します。
全体的に建物本体以外にかかる費用は、付帯工事費や諸費用は30パーセント程あるのでしっかり予算に踏まえて考える事がポイントの1つです。

注文住宅の家づくりで利用する住宅ローンは無理なく返せる金額を決めることが重要

あえて強調するようなことではなく常識の範囲内かもしれませんが、注文住宅の家づくりで利用する住宅ローンは、無理なく返せる金額を決めることが重要です。
せっかく憧れの注文住宅のオーナーになっても、ローンの返済に行き詰まるようなことがあると最悪の場合その家を手放さざるを得なくなってしまいます。
返済期間は相当に長くなることが一般的ですので、先々のことはなかなか見通しが立ちにくいかもしれませんがそれでも可能な範囲で考えておくことが大事で、先のことは何とかなるといった考えでは行き詰りやすくなります。
とくに昨今の経済情勢では、会社員であっても定年までその会社に勤務し続けるという前提は成り立たないこともあるでしょうし、年収が年齢とともに確実にアップしていく保証もないかもしれません。
自分自身や家族のライフスタイルや人生観などとも大いに関係してきますので、納得のいくまで検討し、かつ納得した上で決めることが大事です。

土地購入が必要な注文住宅は土地と建物の合計で予算を考える

注文住宅とはいってもさまざまな種類があります。
すでに土地を持っている人であれば、どこか適当な工務店やハウスメーカーを探して、そのまま所有地内に注文住宅を建てればよいだけですが、これから新しく土地を取得する場合には、まずは目当てとしている工務店やハウスメーカーが、契約締結にあたって何らかの条件を提示していないかどうかを確認してみましょう。
たとえば土地購入を契約の条件とするケースがよくみられますが、その典型的な事例としては建築条件付き土地が挙げられます。
これは分譲地内の区画を市場価格よりもかなり割安に購入することができるかわりに、その区画に一定の期限内に特定メーカーや工務店による住宅を建築しなければならないとするものです。
いずれにしても、こうしたケースでは土地購入と注文住宅そのものの新築に要する費用を合計して予算を建てなければなりませんので、その配分にも注意しながら、慎重に検討を進めるべきです。

注文住宅を建てる土地の選び方のポイント

注文住宅を建てる土地を選ぶ場合、様々なことに目を向けなくてはなりません。
チェックするポイントとしては、周辺環境、日当たりや風通し、地盤や地質の3つがあります。
周辺環境は注文住宅を建てる上で最も気になる部分であり、生活のしやすさが周辺環境によって決まります。
最寄り駅や駅からの距離、周辺に病院やスーパーがあるか、学校までの時間はどの程度なのかを細かくチェックしていくと良いでしょう。
周辺環境は昼間にチェックすることが多いのですが、夜も必ず見てください。
夜になって騒がしくなることも多いため、様々な時間帯に訪れ、環境を確かめることが大切です。
地盤や地質は安全に生活するために必要なチェック事項であり、近年では水害も多く発生しています。
周囲に川や用水路がないかを確かめるのはもちろんのこと、水はけの良さも確認してください。
水はけの良さは雨が降った後に見ることで判明するので、雨上がりに検討している土地に行くと良いでしょう。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅で必要な知識

このサイトでは失敗しない家づくりを行うために、注文住宅に関する知識やポイントを分かりやすくご紹介しています。憧れのマイホームを無事に完成させて、引き渡し後に安心して生活を送るために失敗だけは避けたいもの。何も知識を持たない状態で全てお任せするのは、手ぶらで戦に行くようなものだと言えるかもしれません。建築会社に依頼する前に最低限知っておきたい情報を、初心者の方にも理解していただけるような内容でお届けします。

Search